消費者金融とサラ金の違い

お金が必要だけどすぐには用意ができない・・・そんな時にはお金を借りなければならないこともあると思います。
お金を貸りるには銀行のほか、消費者金融やサラ金といったところを利用する方法がありますが、「消費者金融」と「サラ金」には違いがあるのでしょうか?

【消費者金融とサラ金はほぼ同じ】
一般的に消費者金融とサラ金はほぼ同じ意味合いで使われることが多く、貸金業者をまとめてそのように呼んでいます。
消費者金融は、かつて団地の主婦を対象に小口のお金の貸付を行っていた「団地金融」が発祥だと言われています。
昔は「庶民金融」と呼ばれたこともありましたが、今ではそのように呼ぶことは少なくなっています。
また消費者金融は「街金」と呼ばれることも時にありますが、「街金」というのは小規模な貸金業者の総称であり、時には「ヤミ金」といって、法に触れるような営業を行っているところが含まれるイメージもあります。

【消費者金融・サラ金の特徴とは?】
消費者金融・サラ金の一番の特徴として、「銀行などに比べて借入手続きが簡単で融資が受けやすい」という点が挙げられます。
例えば年収の1割もしくは50万円以下の借り入れであれば、無担保および無保証で借り入れすることが可能だとも言われています。
ただしこれは他の金融金融機関に借入がなく、かつ安定した収入がある場合に限られます。
銀行でそれだけのお金を借りるとなると、無担保・無保証ではまず無理でしょう。

【消費者金融・サラ金がお金を借りやすいのはどうして?】
消費者金融やサラ金が銀行に比べてお金を借りやすいのには次のような理由があります。

①金利が高い
②支払いが滞った場合には厳しい取り立てがある可能性がある

少し前にはこうした消費者金融の高い金利と必要以上の取り立てが社会的に大きな問題にもなりました。
しかし現在は貸金業法等が改正されたことにより、「利息制限法の上限金利を超える分は無効」となるほか「年利20%を超える契約は刑事処罰の対象となる」という規則が設けられました。
ですから現在一般的に消費者金融やサラ金でお金を借りると、銀行に比べて金利が高いとはいえ、借入限度額が100万円未満であれば18.0%、100万円以上であれば15.0%が上限となっています。

取り立ても同じで、テレビドラマで見るような悪質な取り立ては賃金業法で禁じられており、万が一そのような取り立てをした業者は処罰されます。
また登録されていない業者が賃金業を行っていた場合の罰則も懲役刑5年から10年に引き上げられるなど、ヤミ金対策も強化されつつあります。
ですから大手の消費者金融やサラ金でお金を借り入れる分には特別心配する必要はないと言えます。

【消費者金融やサラ金で借り入れる際の注意点は?】
ただし消費者金融やサラ金でお金を借りる際には注意すべき点もあります。
まず一つ目の注意点として「今本当に消費者金融(サラ金)でお金を借りる必要があるのかよく考える」ということが挙げられます。
例えば今手持ちの現金が少ないという理由でお金を借りても、翌月の給料日にはきちんと返済ができる、もしくはまとまったお金を借り入れても毎月のお給料から一定の金額を継続して返済することができる、というのであれば特に問題はありません。
しかしギャンブルのためにお金を借り入れたり、たくさんのブランド品を購入するためにお金を借り入れるという人も少なくなく、このようなケースでは返済ができなくなってしまうことも珍しくありません。
ギャンブルやブランド品はどうしても必要とは言えないものです。
そのようなもののためにお金を借りるのであれば、本当に今借りる必要があるのかをしっかりと考えることが大切です。

二つ目の注意点として「返済の目途をある程度つけてから借りる」ということが挙げられます。
消費者金融やサラ金では早ければ即日にでも融資を受けることができます。
しかしお金を借りるということは、最終的に「元金+利息」を支払わなくてはならないということです。
そのため返済の目途がないまま借りてしまうと返済に時間がかかり、かなりの利息を支払うことにもなりかねません。
そうならないためにも、借入する際にはあらかじめある程度返済の目途を立てておくことが大切です。
早く返済すればそれだけ利息を支払わなくても済みます。
アコムなど大手消費者金融の中には30日間無利息で借入れできるところもありますので、こうしたサービスを上手く活用するのも利息を減らすポイントだと言えるでしょう。

三つ目の注意点として「借りる予定の業者がきちんと登録された業者であり、賃金業協会の会員であるかを確認する」ということが挙げられます。
少し前にはこうした違法な取り立て被害が続出したことから、国を挙げて無登録業者の取り締まりを強化したり悪質な取り立てに対する規制を強化するなどしてヤミ金への対策を日々強化しています。
しかし消費者金融やサラ金業者の中には、無登録で賃金業をを行っている業者、いわゆる「ヤミ金」もまだまだ存在します。
このような業者で借り入れをしてしまうと、違法な高金利であったり悪質な取り立てをされることもあるため注意が必要です。

四つ目の注意点として「借り入れをする業者件数と利用額は最小限にする」ということが挙げられます。
たとえ一つの消費者金融からの借り入れが少額でも、いくつもの業者から借り入れてしまうと借入総額はかなりの金額になります。
また利息もその分多くなるので返済もそれだけ難しくなりますし、多くの返済を管理する必要があるため取り立てと返済金の準備が忙しくなってしまいます。
そのため消費者金融やサラ金でお金を借り入れる際には、業者と借入額を最小限に抑えることが大切です。
もしもすでに複数の機関から借り入れており管理が大変だという場合には、「おまとめローン」や「借り換えローン」といったサービスを利用するのもオススメです。

そして最後、五つ目の注意点として「契約書はよく読みきちんと保管しておく」ということが挙げられます。
契約書には難しい法律用語が並んでいるためなかなか読み気さえ起らないという人もいると思いますが、いざ何かあった時には契約書をきちんと読み理解しているかどうかがカギを握るため、よく読んでおくことが大切です。
それから交付された領収書も契約書と併せてきちんと保管しておくことが大切です。
契約書や領収書の発行は賃金業法にて義務付けられているため、消費者金融でもサラ金でも、お金を借り入れた際には必ずもらうことのできる書類です。

【まとめ】
このように消費者金融とサラ金とは一般的には同じ賃金業者であり、どちらも銀行に比べて簡単に借り入れできるというメリットがあります。
ただし消費者金融を利用する際には先程述べたような注意点を頭に入れ、計画的に利用することが大切だと言えるでしょう。

キャッシングとカードローンの違い

・キャッシングもカードローンも、急にお金が必要になったとき、スピーディに借りられるサービスです。
・両者の違いは返済方法で、基本的にキャッシングは一括、カードローンは分割払いです。
・両者とも事前に審査を受けてカードを作っておけば、必要なときにいつでも利用できます。

給料日までまだ日にちがあるのに、支払いに充てるお金がない!そんな経験、きっと誰でも一度くらいはありますよね。バイトのシフトが少なかったり、転職したり、様々な原因で収入が不安定になることがあります。それに、普段きちんとお金を管理していても、急な出費に見舞われることもあります。

どうしてもお金に困ったときは、消費者金融や銀行からお金を借りる「キャッシング」や「カードローン」を利用する方法があります。支払いを滞納するよりも、賢く借りてきちんと返済する方が堅実です。慌てずに対応するための知識を身に着けておくことも、大人として大切です。

借入というと抵抗がある方も多いと思いますが、使い方によってはとても頼りになるサービスです。キャッシングもカードローンも、必要な金額をすぐに用意することができます。より自分に合った方法で借りるために、キャッシングとカードローンの違いを見ていきましょう。

キャッシングは、事前に契約して発行されるカードを利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーでお金を借りられるサービスです。借り入れできる上限は、契約時に決められます。もちろん、借入するためには、契約時の審査に通る必要があります。

一度契約すれば、いつでも簡単に借りられる手軽さがメリットです。また、上限に余裕があれば、追加で借りることもできます。しかし、手軽なあまり借りているという意識が低くなり、つい借り過ぎてしまうこともあります。借金には変わりなく、きちんと返さなくてはなりません。

キャッシングの返済方法は、基本的に「翌月一括払い」です。翌月の返済日までに、借りた金額に利息を加えた金額を返済します。今月だけピンチなので一時的にしのいで、来月の給料で返済できるという目処が立っていれば、キャッシングの利用はとても有益です。

キャッシングの返済は一括なので、細かな返済計画を立てる必要がありません。借りた翌月には借金を返してスッキリできます。また、利息は返済までの日数で増えていくので、一括なら最低限で抑えられますし、利息の計算も比較的簡単にできます。

キャッシングを扱う業者はたくさんありますが、中には、金利0円の無利息キャッシング、即日融資・収入証明書不要などを謳っている消費者金融もあります。特に人気のある業者は、CMでもおなじみのアコム、プロミス、アイフル、レイクです。初めての方は参考にしてください。

アコム
◎特徴
•はじめての方は30日間金利0円
•最短30分で審査回答!来店不要!
•20時までの申込みで即日融資可能!

プロミス
◎特徴
•限度額50万円以下収入証明不要
•Web契約で最短1時間融資も可能
•申し込み、借入、返済24時間OK!

アイフル
◎特徴
•最短1時間で融資可能!
•申込みまでたったの4ステップ
•初めての方なら最大30日間無利息!

新生銀行カードローン レイク
◎特徴
•限度額100万円以下収入証明不要
•24時間お申込みOK!
•提携ATM手数料無料!

一方のカードローンについて考えてみましょう。カードローンの契約や利用の方法は、キャッシングとほとんど同じです。契約時に金額を決めて、その範囲内であれば、カードを利用して、窓口やATM、キャッシュディスペンサーで簡単にお金を引き出すことができます。

キャッシングとカードローンの特徴は以上です。それでは、どこに違いがあり、どちらを利用するのがより良い選択でしょうか?利用したサービスのことを詳しく知っておかないと、自分が思っていたより返済総額が多かった…などの事態にならないとも言えません。

どちらを利用するのが自分にとって得なのか、焦らず判断するためには、それぞれの違いを理解しておくことが大切です。キャッシングとカードローンの一番の違いは「返済方法」です。キャッシングは「一括払い」ですが、カードローンは「分割払い」が一般的です。

分割払いの場合は、借りたお金を数回に分けて支払います。一度の返済額が少額なので、家計を圧迫せずに無理なく続けられる点がメリットです。ただ、借りた金額が大きい場合、すべて返済し終わるまで長い月日がかかります。

返済が長期になると、その分、利息が増えてしまいます。利息は金額が増えれば増えるので、大きな金額を長期で返済する計画だと、結果的には思わぬ高額な債務を抱えることになってしまいます。無理なく毎月支払える金額でありながら、なるべく利息が抑えられるペースで返済していくことが大切です。

キャッシングとカードローンの利用方法はほとんど変わりませんが、どちらもメリットとデメリットがあります。一括払いができる見込みがあればキャッシング。一括払いが難しい時は、返済計画をしっかり立ててカードローン。その時に状況に合わせて選択しましょう。

借入する予定がなくても、キャッシングとカードローンの仕組みを知っておくことはとても有意義です。困ったときに慌てず対応できればスマートですね。さらに、今は使わなくても、予め審査を受けてカードを用意しておけば、急な出費に困ることはありません。ぜひご検討ください。